1. 違い.net
  2. にほんとにっぽんの違い・使い分け方

にほんにっぽんの違い・使い分け方

にほん」と「にっぽん」の違いで悩んだ方、使い分け方が分からないという方へ向けた記事です。違いとそれぞれの意味を理解し、正しく使い分けましょう。

にほんにっぽん、どう違うの?

むかしむかし平安時代、中国は日本を「ニエットプァン」と呼んでおり、その発音を聞いた日本人が「にっぽん」とマネして言い出した事がはじまり。時は流れて江戸時代、にっぽんと読む時間すら惜しいと思う江戸っ子が「にほん」と言い出した事から、にほんという言い回しが生まれました。 ※すべて諸説あります

にほんの意味

唐の時代、日=ニエット、本=プァンと中国語で発音しており、これを真似した結果「にっぽん」と呼ぶようになりました。

にっぽんの意味

せっかちな江戸っ子がにっぽんを早く言うために「にほん」と言い換えた事によりこの単語は生まれました。そのため、関西圏は「にっぽん」と読む事が多く、関東圏は「にほん」と読む事が多いようです。

役立った方はシェア