1. 違い.net
  2. スコップとシャベルの違い・使い分け方

スコップシャベルの違い・使い分け方

スコップ」と「シャベル」の違いで悩んだ方、使い分け方が分からないという方へ向けた記事です。違いとそれぞれの意味を理解し、正しく使い分けましょう。

スコップシャベル、どう違うの?

1954年に制定されたJIS規格によると、足をかけることができるほどの大きさのものをスコップ、小さなものをシャベルと記載されていますが、地方によっては逆転するなど曖昧に使われているようです。

スコップの意味

土を掘り起こす際などに利用する、足で踏んで深くまで差し込む事ができるものをJIS規格ではスコップと定義しています。ちなみにスコップはオランダ語が語源です。

シャベルの意味

花壇やプランターなどを扱う際に片手で持てるサイズのものをJIS規格ではシャベルと定義しています。ちなみにシャベルは英語が語源です。

役立った方はシェア