1. 違い.net
  2. 祝日と祭日の違い・使い分け方

祝日祭日の違い・使い分け方

祝日」と「祭日」の違いで悩んだ方、使い分け方が分からないという方へ向けた記事です。違いとそれぞれの意味を理解し、正しく使い分けましょう。

祝日祭日、どう違うの?

国民の祝日を指すのが「祝日」、皇室祭典が行われる日を指すのが「祭日」。 ですが、元々皇室祭祀令と呼ばれる法令で祭日を定めていたものの、1947年に廃止されたため全て祝日として表現されています。

祝日の意味

国民の祝日を指します。祝日法第1条で「自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。」と記載されています。

祭日の意味

皇室の祭典や神社のお祭など、様々な宗教儀礼を行う日を「祭日」と定めていました。既にお伝えした通り、1947年に皇室祭祀令が廃止になってからは全て「祝日」と呼ばれています。もともと祭日だった祝日として「建国記念の日」「勤労感謝の日」「昭和の日」「文化の日」「春分の日」「秋分の日」などが挙げられます。

役立った方はシェア